投稿者「Butt」のアーカイブ

就寝前2時間の「お茶」「お酒」が肥満体質を招く

太りにくい体質になる!
それにはしっかりぬムることが大切です。
眠っている間に脂肪を分解する作用がある成長ホルモンが分泌されるのですからね。
このことは皆さんご存知だと思う小野ですが、さらに住民が太りにくい体質を作るのに役立つ理由がありmさう。
それは、「しっかり眠ることで無駄な食欲が発生するのを防ぐ」という効果です。
睡眠時間が短いと、食欲w刺激するホルモンが多く分泌されます。
受験生がよく夜食が欲しくなるのはこのせいなのです。
ホルモンによって生じた食欲は、いくら自分が固い意志を持っていたとしてもついつい負けてしまうものなのです。
ですから、太らない体質を作るためにも毎日の睡眠時間をきちんと確保することをおすすめします。

■太らない体質を作るためにはどれくらい眠ればいい?

専門家によると「約7時間程度の睡眠が理想である」という報告がされています。
ただ、この辺りは個人差があるのであくまで目安としてください。
翌日に疲れを残さないためにも
また仕事や学校の授業中にウトウトしないための目安でもありあmす。

■睡眠を促す効果のある食べ物を摂ると効果的
睡眠を促す効果のある食べ物として「牛乳」が知られています・
寝る前の牛乳1杯は効果的かもしれません。
また、コーヒーなどカフェインは目を覚まさせる覚醒効果があるのは皆さんご存知だと思います。
でも、コーヒー以外にもカフェインを含む食品や飲み物はたくさんあるのです。
カフェインが多く含まれているのは
・玉露などのお茶
・コーラ類
・栄養ドリンク類
などもあるので知っておいてくださいね。
カフェインから受ける覚醒作用の強さや持続時間は個人差もあります。
例えば
・知らずに栄養素リンクを飲んだら眠れなくなってしまった
という人もいれば
・眠る直前にコーヒーを飲んだもすぐにぐっすり眠れる
というひともいます。
そうはいっても、やはり就寝前2時間は「カフェインを多く含む食品や飲み物は避けた方が質の高い睡眠のためには得策です。

■お酒がもたらす睡眠妨害
もうひとつ睡眠の質を下げてしまうのがお酒などのアルコール類です。
痩せるどころか太る原因にもなっているのです。
よく酔った勢いで眠ると意外と翌朝 早く目が覚める
という経験をした人もいるはずです。
これはお酒が睡眠の邪魔をしているからなのです。
ですから、お酒に頼った睡眠はよくないのです・
お酒を飲んで熟睡できなければ睡眠御持つ
・疲労回復
・ストレス解消
だけでなく
・食欲を刺激するホルモンの分泌を抑える
効果も得られないのです。
相続手続き 代行 愛知