ヒアルロン酸の種類ってどんなのがあるのかしら!?

ヒアルロン酸と一言で言っても、使用法や目的によってさまざまな種類があります。まず、天然ヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸です。天然ヒアルロン酸は、鶏のトサカから得られる鶏冠抽出物が原料です。人工ヒアルロン酸は、乳酸菌や微生物の力を借りたバイオ生成で溶血性連鎖球菌から作られます。種類は美容整形に使用されるものになると、さらに細分化されていきます。美容整形で注入、注射するヒアルロン酸の種類は、主に粒子の大きさで分類されています。種類は大きく分けて3つです。バーレーン、レスチレン、レスチレンファインラインです。ヒアルロン酸粒子がもっとも大きいのがバーレーンで、美容整形では頬、こめかみ、鼻唇孔のシワなどに使用されます。レスチレンはそれよりも比較的粒子が小さいヒアルロン酸の種類で、額、目の下のくぼみなどに吸入されるタイプです。レスチレンファインラインは、ヒアルロン酸の種類の中でもっとも粒子の大きさが小さいです。目の周りの小ジワなど、細かいシワを皮膚の下から押し上げ、シワを消してくれます。ヒアルロン酸の種類はこの他にも、さまざまな国が製剤として作っているので、厳密にはこれ以上の種類も登場しています。
ヒアルロン酸は肌が乾燥しているな…と思った時には絶対に欲しい美容成分ですよね。美容ドリンクを愛用する女性たちにとっては、ヒアルロン酸とコラーゲンは欠かすことのできない2大成分とも言われています。気をつけなければいけないのは、ヒアルロン酸は1日やそこら摂取したところで、ほとんど効果を得られないことです。欲しいと思ったところで、瞬間的な効果は発揮されない性質なのです。つまり、ヒアルロン酸の効果が欲しかったら、毎日の摂取が必要になります。ヒアルロン酸の摂取量の目安は、1日200mgです。20代でも歳を重ねるごとに減ってしまうヒアルロン酸なので、毎日の食事やサプリメント、ドリンク剤、コスメなどで補給するようにしなければいけませんね。また、ヒアルロン酸を欲しいと思った瞬間は、人それぞれで違うようです。もっとも多い意見は、肌の乾燥を感じて、潤いを補給しようと思った時に、ヒアルロン酸を欲しいと感じるようですね。肌がたるんだり、シワができたりということになる前に、ヒアルロン酸を摂取するのもポイントです。プチ整形やプチ豊胸にもヒアルロン酸を欲しいと思っている人もいますね。膝関節痛の痛みにも、当然ヒアルロン酸は有効です。

ビハキュア 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です