お酒はやっぱり悪い?酒は百薬の長は間違いなのか

生活習慣病とお酒の因果関係は確かにあるようです。
以前からお医者さんには「お酒とたばこはやめてください」と言われた方は多いはずです。
これはお医者さんの決まり文句でもあります。
でに、やめられないですよね。
そんなことを言われたあなたは
「たばこはともかくお酒って本当に身体に悪いの?酒は百薬の長というくらいなのに?」と反論したくなる気持ちもよくわかります。

まず、お酒が身体に悪いのは肝臓に大きな負担をかけることです。
肝臓は、代謝・解毒・排泄に関わる活発に働いてくれる臓器です。
体内のコレストロールを回収し肝臓に運ばれます。
そこで胆汁酸の合成が子のなわれます。
さらにお酒に含まれるアルコーールの分解を肝臓が一手に引き受けているのです。
ですからお酒を飲みすぎる肝臓の負担が一気に大きくなってしまうのです。
お酒の飲みすぎは日常的に肝臓に負担を与え、いつかあなたの肝臓が悲鳴をあげてしまうのです。
慢性的な飲酒が、アルコール性肝障害、脂肪肝、痛風、ある子p-る依存症はとても深刻な病気なのです。

そして、mアルコールの度数が高いおかけほどカロリーも高いのです。
お酒にはほとんど栄養は含まないのですが、カロリーだけは高いのです。
日本酒コップ1杯でご飯を1膳食べたのと同じくらいです。
カロリーの摂りすぎが「血糖値の上昇」「コレステロール」「中性脂肪上昇」の下人なことはあなたもご存知でしょう。
最近では糖質ゼロというお酒も売り出されてきています。
このあたりのお酒を選ぶのも良い方法ですが、やっぱり味という面では少々見劣りするのも事実です。

■酒は百薬の長は正しい
しかし、適量のお酒が身体によいことは紛れもない事実です。
血管の若返りには血管の拡張やsh人賃貸者が重要です。
この時にNO(一酸化窒素)が関係している研究データもあり、お酒にはこのNO(一酸化窒素)を発生させることが報告されています。
また、医療面だけでなく先進面の効果も多い気のです。
適量のお酒のがもたらすリラックス効果です、
日頃ストレス社0会の現代に生きている我々にはこのお酒のリラックス効果は需要でもあります。
またお酒により上昇するコレステロールは善玉コレステロールという研究データもあります。
しかし、これらを理由にお酒は飲みすぎては体に悪いのです。
お酒の適量は以下の通りです。
ビール中瓶1本
ワイングラス2敗
焼酎0.6合
ウィスキーダブル2杯
これくらいが適量とされていてナイターでも見ながらちびりちびりやることをおすすめします。
カイポケ 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です