月別アーカイブ: 2020年10月

お酒はやっぱり悪い?酒は百薬の長は間違いなのか

生活習慣病とお酒の因果関係は確かにあるようです。
以前からお医者さんには「お酒とたばこはやめてください」と言われた方は多いはずです。
これはお医者さんの決まり文句でもあります。
でに、やめられないですよね。
そんなことを言われたあなたは
「たばこはともかくお酒って本当に身体に悪いの?酒は百薬の長というくらいなのに?」と反論したくなる気持ちもよくわかります。

まず、お酒が身体に悪いのは肝臓に大きな負担をかけることです。
肝臓は、代謝・解毒・排泄に関わる活発に働いてくれる臓器です。
体内のコレストロールを回収し肝臓に運ばれます。
そこで胆汁酸の合成が子のなわれます。
さらにお酒に含まれるアルコーールの分解を肝臓が一手に引き受けているのです。
ですからお酒を飲みすぎる肝臓の負担が一気に大きくなってしまうのです。
お酒の飲みすぎは日常的に肝臓に負担を与え、いつかあなたの肝臓が悲鳴をあげてしまうのです。
慢性的な飲酒が、アルコール性肝障害、脂肪肝、痛風、ある子p-る依存症はとても深刻な病気なのです。

そして、mアルコールの度数が高いおかけほどカロリーも高いのです。
お酒にはほとんど栄養は含まないのですが、カロリーだけは高いのです。
日本酒コップ1杯でご飯を1膳食べたのと同じくらいです。
カロリーの摂りすぎが「血糖値の上昇」「コレステロール」「中性脂肪上昇」の下人なことはあなたもご存知でしょう。
最近では糖質ゼロというお酒も売り出されてきています。
このあたりのお酒を選ぶのも良い方法ですが、やっぱり味という面では少々見劣りするのも事実です。

■酒は百薬の長は正しい
しかし、適量のお酒が身体によいことは紛れもない事実です。
血管の若返りには血管の拡張やsh人賃貸者が重要です。
この時にNO(一酸化窒素)が関係している研究データもあり、お酒にはこのNO(一酸化窒素)を発生させることが報告されています。
また、医療面だけでなく先進面の効果も多い気のです。
適量のお酒のがもたらすリラックス効果です、
日頃ストレス社0会の現代に生きている我々にはこのお酒のリラックス効果は需要でもあります。
またお酒により上昇するコレステロールは善玉コレステロールという研究データもあります。
しかし、これらを理由にお酒は飲みすぎては体に悪いのです。
お酒の適量は以下の通りです。
ビール中瓶1本
ワイングラス2敗
焼酎0.6合
ウィスキーダブル2杯
これくらいが適量とされていてナイターでも見ながらちびりちびりやることをおすすめします。
カイポケ 料金

健康でいたいならビタミンB2をとろう

この記事は、
・健康づくりを頑張りたい人
・体力を増やしたい人
・運動を頑張りたい人
におすすめできる記事です。
皆さん、こんにちは、
今回の記事では、ビタミンB2の重要性についてご紹介します。
皆さんは体力の低下について、悩んだことはありませんか?
実は、ビタミンB2をとることで簡単に解決出来ちゃうんです。
しかも、ビタミンB2は様々な食品に含まれている成分なので、比較的取りやすい印象を受けます。
あなたも一度ビタミンB2をしっかりとってみませんか?
ビタミンB2が優れている理由
ビタミンB2は身近なものから取れるため、優れているといえます。
そんなのあたりまえだと思うかもしれませんが、毎日食べるような代表的な製品にもビタミンB2は含まれています。
ビタミンB2はレバーや納豆、たまごなどの製品から取ることができます。
特に卵は1日に1回は口にしているのではないでしょうか?
朝ご飯の定番ですよね。
そのため、比較的取りやすい成分といえます。
また、納豆も朝ごはんの定番ですよね。味が苦手という人もいるかもしれませんが、食べられるなら意識して食べるとあなたのためになります。
また、体力をつけるにはビタミンB2が効果を発揮します。
ビタミンB2は水溶性のビタミンです。
糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素をエネルギーに変換させる役割を持っています。
つまり、体力をつけるためにはこの成分が必須ということです。
また、脂質の摂取量の分だけビタミンB2が必要といわれています。
もしビタミンB2が不足すると粘膜系に影響が出ます。
口内炎や口角炎、肌荒れなどが代表的です。
そうならないためにも、レバー、納豆、たまご、チーズなどを意識して食べると良いでしょう。
また、お高いですがウナギなんかにも豊富に含まれているのでお勧めです。
まとめ
体力をつけたいならビタミンB2をとるべき
いかがでしたか?
ビタミンB2についてわかってもらえれば、あなたの健康づくりの効率は一気に高まるはずです。
まずは焦らずビタミンB2を取ることを意識してみるとあなたのためになるはずです。
しっかりと意識して取ろうとすることが第一歩です。健康づくりは食事によって決まることがほとんどなので、できるだけ自分の体を気にしてあげてください。自分の体を守れるのはあなただけです。
また、スポケンというサイトはスポーツにおいて素晴らしい知識をくれます。一読の価値ありです。
是非一度ビタミンB2を意識的にとることを試してみて下さいね!

就寝前2時間の「お茶」「お酒」が肥満体質を招く

太りにくい体質になる!
それにはしっかりぬムることが大切です。
眠っている間に脂肪を分解する作用がある成長ホルモンが分泌されるのですからね。
このことは皆さんご存知だと思う小野ですが、さらに住民が太りにくい体質を作るのに役立つ理由がありmさう。
それは、「しっかり眠ることで無駄な食欲が発生するのを防ぐ」という効果です。
睡眠時間が短いと、食欲w刺激するホルモンが多く分泌されます。
受験生がよく夜食が欲しくなるのはこのせいなのです。
ホルモンによって生じた食欲は、いくら自分が固い意志を持っていたとしてもついつい負けてしまうものなのです。
ですから、太らない体質を作るためにも毎日の睡眠時間をきちんと確保することをおすすめします。

■太らない体質を作るためにはどれくらい眠ればいい?

専門家によると「約7時間程度の睡眠が理想である」という報告がされています。
ただ、この辺りは個人差があるのであくまで目安としてください。
翌日に疲れを残さないためにも
また仕事や学校の授業中にウトウトしないための目安でもありあmす。

■睡眠を促す効果のある食べ物を摂ると効果的
睡眠を促す効果のある食べ物として「牛乳」が知られています・
寝る前の牛乳1杯は効果的かもしれません。
また、コーヒーなどカフェインは目を覚まさせる覚醒効果があるのは皆さんご存知だと思います。
でも、コーヒー以外にもカフェインを含む食品や飲み物はたくさんあるのです。
カフェインが多く含まれているのは
・玉露などのお茶
・コーラ類
・栄養ドリンク類
などもあるので知っておいてくださいね。
カフェインから受ける覚醒作用の強さや持続時間は個人差もあります。
例えば
・知らずに栄養素リンクを飲んだら眠れなくなってしまった
という人もいれば
・眠る直前にコーヒーを飲んだもすぐにぐっすり眠れる
というひともいます。
そうはいっても、やはり就寝前2時間は「カフェインを多く含む食品や飲み物は避けた方が質の高い睡眠のためには得策です。

■お酒がもたらす睡眠妨害
もうひとつ睡眠の質を下げてしまうのがお酒などのアルコール類です。
痩せるどころか太る原因にもなっているのです。
よく酔った勢いで眠ると意外と翌朝 早く目が覚める
という経験をした人もいるはずです。
これはお酒が睡眠の邪魔をしているからなのです。
ですから、お酒に頼った睡眠はよくないのです・
お酒を飲んで熟睡できなければ睡眠御持つ
・疲労回復
・ストレス解消
だけでなく
・食欲を刺激するホルモンの分泌を抑える
効果も得られないのです。
相続手続き 代行 愛知