ムダ毛処理 除毛と脱毛ってどう違うの?

今は空調設備も整っているため、季節に関係なく肌を露出するファッションも流行っています。

そうなると気になるのは腕や足、背中などのムダ毛です。ムダ毛処理には除毛と脱毛、さらに抑毛という3つの方法にに大きく分かれます。今回はその中でもメジャーな「除毛」と「脱毛」の違いについて解説していきます。

除毛と脱毛の違いは、体毛を根元から引き抜くのか、もしくは表面的に排除するのみで終わらせるかにあり、除毛は表面の毛を排除することになります。その方法は至って簡単で、皮膚から伸びた毛をクリームやカミソリを使用して取り除きますが、あくまで表面的に取り除くのであって、皮膚の下にある毛根までは処理をしません。

大変簡単にしかも費用もかからずに処理をすることができ、痛みも伴わないので、時間がない時に適している方法です。デメリットとしてはクリームに含まれている成分に対してアレルギーの反応を起こすことがある、カミソリを使用した場合は皮膚の角質も一緒にはがれてしまうので、肌を傷めてしまう可能性がある、埋没毛になりやすいなどのことがあげられます。

デメリットをできるだけ減らすには、毛を抜いた後に肌の手入れを行わなくてはなりません。 脱毛は毛根から毛を取り除く方法であり、半永久的に処理をすることができます。家庭用の美容機器を用いても簡単に自己処理をすることができますが、しっかりと毛を取り除くことを考えた場合、サロンに通うことが多いです。

美容サロンにおいては医療用のレーザーを用いたり、光をあてたりして毛根を破壊し、毛が生えにくい環境を作っていきます。しっかりと毛を取り除くことができる反面、光やレーザーは黒いメラニン色素に反応をするので、色素が濃い場所にあててしまうと火傷をしてしまう可能性があります。さらに肌への影響も少なからずあり、脱毛をした日は日焼けをしたようになることが多く、赤くなったりかゆみが伴ったりする場合があります。

数日たてばだいたいの場合落ち着きますが、リスクを軽減するには、日焼けをしない時期に行う、肌の調子が悪い時には行わないということが大切です。 ムダ毛を処理する場合、脱毛にも除毛にもメリットだけでなくデメリットもあり、どちらを行うかをしっかりと考えなくてはなりません。除毛は毛根を残して皮膚の表面にある毛の実を処理する方法であり、脱毛は毛根そのものを破壊して毛を生えなくする方法になります。スルル口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です